特集

特集
2020年5月号 No.518

特集 写真家 山崎エリナ ×建設業

建設業に近しい人々にも伝えていきたい現場の風景

山 崎 写真展には、地質調査の仕事に携わっていた経験を持つ方も訪れてくれたんですが、その方自身も写真を観て「建設現場ってこんな風に働いているんですね!」と驚かれていました。建設に近しい業種の方でも現場で職人の方がどのように働いているかご存じなかったりするんだなと、改めて実感しました。
佐々木 現場の仕事ぶりが伝わっていないのは、とてももったいないことですよね。山崎さんのような方に建設の現場を写していただくのは、そうした意味でもありがたいです。今私たちが考えているのは、職人の皆さんがどの現場で、どんな役割を担って働いたのか、そうした記憶をきちんと残していこうということです。たとえば建物の銘板にスマートフォンをかざすと、その現場に関わった職人の名前が見えるようになればいいなとか思っています。
山 崎 それは面白そうですね!
佐々木 街なかの工事現場の仮囲いにも、たとえば現場で働く方々の写真などが貼ってあったりすると、職人の方の励みになるのではないかなと思います。
山 崎 そうですね。それを見て地域の方から現場の方に「がんばっているね」「ありがとう」などの声がかけられたら、それは本当に素晴らしいことですよね。ぜひやってほしいです。

建設の現場って本当にかっこいい!人生の一瞬に寄り添い伝える喜び

佐々木 山崎さんのお話を伺っていると、そうしたアイデアもどんどん湧いてきます。今後はどういった被写体を撮ろうと考えていますか?
山 崎 今は鉄鋼業の会社なども撮らせてもらっています。現場で働く方々の姿とともに、現場を作っている道具などにも着目し、視野を広げて写していきたいと思います。
佐々木 写真家としても、今までにない新しいジャンルを切りひらくことになりそうですね。写真って、普段なにげなく見過ごしていることがらを「瞬間」として切り取る力があるように感じます。
山 崎 やはり写真展などで感想をいただくと、そうした力を感じることが多いですね。特に女性の方から“感動した”という声をいただくことが多いです。建設の現場ってこんなに素敵でかっこいいんだ!という素直な想いは、これからも言い続けて、伝えていきたいです。
佐々木 建設業はまさに女性の方にこそ知ってもらいたい世界だと思っています。女性に理解されない産業には未来がないと思っています。職人の方の人間的な魅力などを見てもらい、憧れてもらいたいです。
山 崎 現場で頑張る方の姿は、本当に魅力的です。そうした一瞬をカメラで切り取ることで、皆さんそれぞれの人生の一瞬に寄り添えるということが、自身の大きな励みにもなっています。
佐々木 人生の一瞬に寄り添うって、すごく素敵な言葉ですね。私たちも建設業の魅力をどう発信していくか、考え続けていきたいと思います。

「今後も視野を広げてさまざまな現場を撮影したい」と語る山崎さん。
本財団の佐々木理事長も「ふだん一般の方の目に触れることのない砂防工事の現場なども、ぜひ撮影してもらいたい」とエールを送る。

写真家 山崎エリナ 今後の刊行予定作品
https://www.shinko-web.jp/uncategorized/5334/
1 2 3 4 5 6

関連記事

しんこう-Webとは
バックナンバー
アンケート募集中
メールマガジン配信希望はこちら