インフォメーション

インフォメーション
2018年12・2019年1月号 No.504

しんこうTODAY 振興基金の活動報告

「平成30年度(上期)建設業経理検定」実施結果

平成30年9月9日(日)に全国46都市で開催した「平成30年度(上期)建設業経理検定試験」の合格発表を11月10日(土)に行いました。実施結果は下記の通りです。


※平成30年北海道胆振東部地震の影響により「札幌地区」は中止

建設業経理検定についての詳細はこちら https://www.keiri-kentei.jp/

みんなで楽しもう! インフラツーリズム

2018年11月2日(金)に本誌に連載の「かわいい土木」のライター三上美絵さんが東京都市大学二子玉川夢キャンパスで行われた、みんなで楽しもう! インフラツーリズム(主催:インフラツーリズム推進会議)に参加され、第1部のポスターセッション、第2部のパネルトークにて、かわいい土木で掲載の【かわどぼインフラ】について紹介しました。

平成30年度連携団体職員合同研修会の開催

本財団では平成27年度より、業務上関係のある建設業団体職員の資質の向上、職員間の交流促進、情報交換や研鑽等を目的として標記研修会を開催しています。本年度は平成30年12月6日(木)から12月7日(金)の二日間で開催しました。1日目の講義1では竹中工務店生産本部専門役の木谷宗一氏による「ものづくり・技術の伝承・ひとづくり」、「建設産業を取り巻く時代の大きなうねり」について、2日目の講義2では、「建築生産の流れ~現場の苦労と醍醐味~」と題し、とうりょう代表(元鹿島建設(株))加藤亮一氏にご講義いただきました。午後からは武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事の現場見学を行いました。

特設サイト『活用してみませんか…「助成金」』開設

このたび、本財団では特設サイト『活用してみませんか・・・「助成金」』~中小建設企業が利用できる資金面での支援制度をご紹介します~ を開設しました。

これは、中小建設企業等に対する支援を行うことを目的として制作されたもので、平成30年度に改組された「建設事業主等に対する助成金」(従前の「建設労働者確保育成助成金」)をはじめとして、建設会社や建設業者団体が利用できる各種助成金等について案内している特設サイトです。
企業等が活用できる助成金を、人材採用・育成の取組内容に応じて、フローチャート形式で検索できるようになっており、該当する助成金の「概要」と「具体的な支給額」がすぐにわかります。また、検索した助成金を実際に活用される方を踏まえ、検索結果から厚生労働省など公的機関の該当する助成金のページにリンクさせています。必要書類や具体的な手続きなどの詳細も直ちに把握できるため、たいへん使いやすくなっています。ぜひ、ご活用ください。

名称 活用してみませんか・・・「助成金」
内容 中小建設企業及び事業主団体が活用できる助成金のインストラクションガイド
開設日 平成30年11月6日
URL http://genba-go.jp/subsidy/

平成30年度2級建築・電気工事施工管理技術検定試験の実施

平成30年11月11日(日)、平成30年度2級建築・電気工事施工管理技術検定学科・実地試験が全国21地区(札幌・(帯広)・青森・(盛岡)・(秋田)・仙台・東京・新潟・金沢・(長野)・名古屋・大阪・(出雲)・(倉敷)・広島・高松・(高知)・福岡・(長崎)・鹿児島・沖縄)、48会場において実施されました。(カッコ書きは「学科のみ試験」の開催地区(8地区))
合格発表は、「学科のみ試験」については1月25日(金)、「学科・実地試験」及び「実地のみ試験」については2月1日(金)。

お知らせ
『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』 放送決定!

1995年1月17日午前5時46分、未曽有の大震災が関西を襲った。6000人を超える犠牲者を出した阪神・淡路大震災。圧倒的な自然の力は、容赦なく人々の命を奪い、生活を破壊した。神戸の街は、一瞬にしてがれきの山と化し、交通は分断され、陸の孤島となった。中でも線路ごと崩落するなど被害の大きかったJR六甲道駅。一刻も早く鉄道を復旧させ、人と物資を運ばなければならない…。
そんな過酷な状況のなか、倒壊した駅をわずか74日間で復旧させた人々がいた。これは、過去から明日へ、人から人へ、希望の橋を架けるために困難に立ち向かった男たちの実話に基づいた物語。74日間の壮絶な復旧工事と、それを見つめた地元の人々との関わり合いを描く感動のヒューマンドラマ「BRIDGE」を、2019年1月15日(火)よる9時からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送する。井浦 新・野村周平ら豪華キャストで贈る壮大なドラマをぜひご覧ください。

特別協力:奥村組 URL https://www.ktv.jp/bridge/ (カンテレHP)

関連記事

しんこう-Webとは
バックナンバー
アンケート募集中
メールマガジン配信希望はこちら