Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

特集

特集
2019年11月号 No.512

女性技能者の活躍を推進!

公益社団法人全国鉄筋工業協会(以下「全鉄筋」という。)では、平成30年度に女性活躍推進WGを設立し、男女を問わず働ける職場環境改善や男性の女性技能者に対する意識改革等を図り、担い手確保育成に向けた様々な取り組みを行っています。
本特集では、全鉄筋・女性活躍推進WGの活動や女性鉄筋工が活躍している企業の取り組みをご紹介します。

 

 担い手確保・育成、そして女性活躍推進 

 公益社団法人
  全国鉄筋工事業協会 
  会長 岩田正吾 氏

 

いま、建設業界は働き手に来て欲しい業界になっている。

そこを働きたい職種にすることが最も重要であり、働き手が望む改革を行う必要がある。また、処遇や給与、休日においても年齢や家族構成によって求めるものは違ってくる。

私は、これからの建設業界は歩合制度や、オールフレックスで対応する時代だと考えており、様々な制度改革が担い手の確保にとって必要不可欠との認識である。

このような建設業ならではの改革を検討する上で、「女性活躍推進」というワードを考えてみたい。
昨年度から、全鉄筋の経営委員会に女性活躍推進WGを設置した。

これは、女性採用のための制度改革も当然必要との観点から、女性目線の意見が全産業間において、リーダーシップを取るターニングポイントになるのではないかと考えたからである。女性活躍推進WGでは女性である宮本常任理事にリーダーとなってもらい、あくまでも女性目線での提言を行うことにしており、重要な事業と捉えている。非常に高いハードルではあるが、女性が働きたい職種にすることが即ち、男女を問わず次世代の担い手確保への道だと考えるからである。

一歩ずつ時間をかけてでも改革を推し進めることが重要であり、女性活躍推進WGの活動に期待をしている。

1 2 3 4 5 6

関連記事

しんこう-Webとは
バックナンバー
メールマガジン配信希望はこちら