Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

連載

連載
2019年2月号 No.505

建設労働者緊急育成支援事業 訓練修了生インタビュー

 


訓練期間 平成29年2月1日~2月24日 20日間
訓練カリキュラム
平成29年度 第1回建設ものづくりコース(造園)in金沢
造園業の一連の仕事を学ぶとともに、造園工として必要な資格を取得
取得資格
玉掛け技能講習、小型移動式クレーン運転技能講習、高所作業車運転技能講習(10m以上)、小型車両系建設機械運転特別教育、伐木等の業務(チェーンソー)特別教育、刈払機取扱作業者安全衛生教育


訓練参加のきっかけは?
イベントの設営や、エアコンの設置、引っ越し作業など、アルバイト中心の生活をしていました。自分でスケジュールを組んでいたので、寝ずに仕事をすることがあれば、1週間まとめて休むことも。30歳を前にきちんと就職したいと思い、ハローワークに行ったときに、この事業のチラシを目にしました。たくさんの資格が取れることにも惹かれましたが、石川県の造園業の人と出会えて、つながりがもてることに魅力を感じました。

訓練を受けてみての感想は?
ロープワークや雪吊りなど教わりましたが、印象に残っているのは剪定です。講師の方それぞれに考えがあり、「1+1=2」という感じではなく答えがたくさんあることに触れることができたのは面白かったです。たくさんの講師から色々と話が聞けたおかげで、就職後は仕事にすんなりと馴染んでいけたように思います。

現在の仕事について
安全第一を常に心がけています。それに加え、段取りよく効率的で、なおかつ丁寧な仕事をいかにスピーディーにしていくかということを、考えながら毎日取り組んでいます。たとえば芝刈り。最初は不揃いでまだらになってしまいましたが、今は歯の回転方向からどうすればゴミが集まりやすいかも考えて作業ができるようになりました。親方の作業を見たり、自分で工夫をしたりすることで、効率よく作業できていることを目に見えて実感できるのは楽しいですね。さらなるスキルアップを目指して、特に剪定スキルを磨きたい。寒さに弱い木、強い木など、それぞれに切り方が異なります。その知識が足りず、寒さに弱い木をバッサリと切ってしまうこともありました。親方に少しでも近づけるよう、勉強して経験値を積んでいきたいと思います。


採用企業の声


株式会社 金沢レインボー
代表取締役  茨木 啓次

土田さんについて   
いろいろなアルバイトを経験していたこともあり、人当たりの良さが魅力です。造園の仕事で求められるお客様の要望を聞く力や他の業者さんとの協調性も、入社当初に比べてずいぶん養われてきています。取得が難しい造園技能検定2級も一度で合格しましたし、今後もさまざまな資格を取れるようバックアップしていきたいですね。

緊急育成支援事業の訓練を受けての採用について
若い方から高齢の方まで幅広く造園を知っていただける良い機会。しかもたくさんの資格が国の支援で取得できるのには感謝です。この事業で取得した資格は、土木にも役立ちます。造園業だけではなく、建設業全体がにぎやかになることを期待しています。

企業情報

本社所在地    : 〒920-0304 石川県金沢市畝田2-151
従業員数    : 6人(事務2)(現場4名)
主な仕事内容    : 建設業一般造園工事
ホームページ    : http://www.reinbo.co.jp

関連記事

しんこう-Webとは
バックナンバー
アンケート募集中
メールマガジン配信希望はこちら