お役立ち・支援

建設労働者確保育成助成金のご案内及び助成金解説・様式記入例

厚生労働省 職業安定局 雇用開発課 建設・港湾対策室

平成25年度から「若年労働者の確保・育成」と「技能継承」に重点を置いた新たな助成金を創設し、事業主や団体が取り組む若年者に魅力ある職場づくりや若年労働者の技能向上などを積極的に支援。

 

新助成金の創設について

 建設雇用改善助成金については、平成22年6月の行政事業レビュー公開プロセスにおいて事業の廃止と評価を受け、「産業構造の変化に応じて、他省庁の事業を含めた横断的な見直し、戦略的な設計を図るべき。その中で本事業について精査すべき」とされた。
 厚生労働省では、建設労働者施策のあり方の見直しを進め、国土交通省の施策において、「技能労働者の就労環境の構造的な改善に取り組み、若年者の入職と入職後の育成を図るなど担い手となる技術者や技能労働者の確保・育成を積極的に展開」が重要とされたことなども踏まえて、将来的な技能労働者不足による建設業の衰退と、処遇低下による若者の建設業離れにある実態に対応した新たな助成金等による対策を取るべきとした。
 5月15日に平成25年度予算が成立し、新たに創設した「建設労働者確保育成助成金」により、「若年労働者の確保・育成」と「技能継承」に重点を置いて、事業主や団体の取組を支援していくこととなった。


事業主助成の概要

 長年の建設投資の減少等厳しい経営環境のなかで、建設業を支える人材、特に若年者の入職が進まない一方で高齢化が進んでいるため技能継承に支障が生じており、将来的な技能労働者不足による建設業の衰退が懸念される。このため、若年労働者の確保・育成や技能労働者の処遇改善を図るとともに、若年労働者にとって魅力ある職場づくりを進めるための取組を支援する。

>>建設労働者確保育成助成金|厚生労働省
>>建設労働者確保育成助成金のごあんない




>>「建設労働者確保育成助成金」の解説及び「様式の記入例」

ページトップ

最新記事

最新記事一覧へ