お役立ち・支援

建設企業の重機購入を支援(建設業災害対応金融支援事業)

一般財団法人 建設業振興基金 金融支援部

クリックで拡大

 国土交通省では、建設企業が所定の建設機械の購入にあたり、金融機関から購入資金の融資を受ける際の金利の一部、または割賦で購入する際の金利手数料の一部を助成します。
 当基金で助成申請を受け付けておりますので、下記ウエブサイトにて、申請書類、手続きのながれをご覧ください。

建設業災害対応金融支援事業ウエブサイト

対 象 者

県、市町村などと災害協定を締結している地域の中小・中堅建設企業や、災害協定を締結している建設業団体に加盟している中小・中堅建設企業(これらの協力会社を含む)が対象となります。

対象機種

助成の対象となる建設機械は、平成25年1月11日~平成26年2月28日の間に購入された建設機械抵当法第2条に規定する「建設機械」のうち、ショベル系掘削機、ブルドーザー、トラクターショベルの3機種となります。

助成内容

初年度1年分の金利の2/3(ただし、上限金利4%分まで)を補助します。1台あたりの金利助成額の上限は150万円となります。また、1企業あたり3台まで助成します。

※申請状況によっては、上限となる助成額や台数等を見直す可能性があります。

ページトップ

最新記事

最新記事一覧へ