お役立ち・支援

技術マッチングDatabase事例

新型塗料naAno(ナーノ)開発!技術マッチングデータベースに登録で異業種からの引合い激増

オゾンセーブ(株) (神奈川県秦野市)

 中小建設企業の経営力・技術力強化をサポートすることを目的に、建設企業が保有する独自のノウハウ・技術、開発商品等を集約し、紹介・提供する「ノウハウ・技術支援センター」を設置し、『技術マッチング支援事業』、『ノウハウ・アドバイス支援事業』の2つの事業を実施しています。

代表取締役 中西 孝太郎さん断熱、結露防止、遮熱に効果のある新型塗料 1987年創業のオゾンセーブは、空調設備のメンテナンスや冷媒用フロンガスの無害化処理事業を柱に業績を上げてきた。しかし、「フロンガスはいずれなくなる。今のうちに、これに代わる事業を探しだす必要がある」という中西社長の強い思いもあり、ここ数年は新規事業を模索してきたそうだ。
 そんな状況の中で、ある塗料の商品化に成功。それが、宇宙ロケットにも用いられる中空セラミックと多孔質シリカという低熱伝導物質を配合し、断熱、結露防止、遮熱に効果のある新型塗料「naAno(ナーノ)」である。
 同社では、当初は空調設備用として考えたが、材料の配合を工夫すれば遮熱効果も得られることが分かり、建設用途にも使えるよう改良。省エネと快適性を実現する「室内用断熱塗料」、カビや腐食の防止が可能になる「結露防止塗料」、さらに太陽熱を反射し室内を快適にする「屋根・外壁用塗料」の3種類を開発し、特許も出願した。この3つのタイプを使い分けることにより、新築工事はもちろん、リフォームの際に施工すれば建物内環境の改善、省エネルギー対策が同時に可能になる。
 製品自体のクオリティには自信があったが、問題は販路だった。同事業の立ち上げから深く関わってきた田中マネージャーは、販路拡大についてリサーチする中で当基金が運営する「技術マッチングデータベース」の存在を知ったそうだ。

ゼネラルマネージャー 田中 良介さんマッチングデータベースはお客様の信用度が違う 「いくら優秀な技術、独自性のある製品であっても、知ってもらえなければ良さは伝わりません。当社が開発した新型塗料を広く知らしめるにはピッタリな制度だと直感し、迷わずに登録したのです。ホームページにアップしたのは今年4月上旬ですが、その直後から問い合わせが殺到しました。すごい反響に驚いています。今でもほぼ毎日5~6件は電話がありますね。振興基金さんのデータベースに載っているので信用度が違うし、お客様にとっても安心感があると思います」(田中マネージャー)
 技術マッチングデータベースから生まれた直近の仕事では、ある和菓子メーカーの工場(神奈川県横浜市)の屋根を塗装工事がある。3,500㎡ほどの工事になるそうだ。さらに北海道では、試験的に鉱山の内部の壁に結露防止の塗装をする。その効果を見て塗装範囲の拡大が検討されるという。
 今後の事業展望について、お二人はどうお考えだろう?
 「塗るだけで断熱効果が得られる手軽さが評価され、ハウスメーカーや食品容器メーカーなどからの引き合いもあります。スタートしたばかりの事業ですが、十分に手応えを感じています」(中西社長)
 「naAnoの販路拡大が落ち着いたら、新しい商品開発に着手します。それが成功したら、もちろん技術マッチングデータベースに登録しますよ」(田中マネージャー)

■会社概要
会社名 オゾンセーブ株式会社
所在地 〒259-1304
神奈川県秦野市堀山下119-11
TEL 0463-26-6550
創立 昭和62年2月

ページトップ

最新記事

最新記事一覧へ