お役立ち・支援

北海道内で新事業展開に取り組む建設企業が一堂に参集「建設業新事業展開フォーラム 2012 in 札幌」開催

(一財)建設業振興基金 構造改善センター

建設業新事業展開の
事業報告会と展示会のイベント

1205_11_column_1.jpg 国土交通省北海道開発局と当基金の共催による「建設業新事業展開フォーラム2012 in札幌」が、3月29日から31日までの3日間、札幌駅前通地下歩行空間北3条交差点広場において開催された。建設企業の新たな事業分野への展開については、これまでにもさまざまな支援施策を実施してきたが、障壁も多く、新事業展開の道程は決して容易なものとはいえなかった。そのために課題解決のための情報共有、企業間連携の促進、知名度アップなどが緊急の課題とされてきた。そこで今回のイベントでは、新事業展開に取り組む道内建設企業の方々に参加をいただき、事業報告会と展示会を行った。

プレゼンテーションや
意見交換などで盛り上がる

1205_11_column_3.jpg

 3日間にわたるイベントに参加したのは、フロンティア事業に選定された8連携体をはじめ、アドバイザリー事業出口支援企業5社、行政機関、金融機関、建設企業など。8連携体と出口支援企業5社によるプレゼンテーションでは、各企業の取り組みが対外的に幅広く紹介された。また、建設業経営戦略アドバイザー(北海道エリア統括マネージャー)平野陽子氏の特別講演、パネリスト3氏のトークセッション、新事業展開に取り組む建設企業による情報交換・意見交換を展開。さらに当基金の技術マッチングデータベースに北海道初の登録企業の参加もあり、無料の個別経営相談会なども企画された。
 特別企画として、食品関係事業商品試食会も同時開催された。料理研究家の岩城道子さんが、新事業展開で食品関係に取り組んでいる建設企業8社が生産する食材を活用・コラボレーションしたオリジナルレシピ9品を考案し、交流会(会費制立食懇談会)に料理として提供。味にうるさい出席者の方々が舌鼓を打っていた。
 なお、展示ブースでは、フロンティア事業実施連携体及びアドバイザリー事業出口支援企業をはじめ、行政機関、金融機関、建設企業などが参加。通行人の皆さんも足を止め、興味深そうに見学していた。

1205_11_column_2.jpg

詳しい調査結果については「国土交通省関東地方整備局」ポータルサイトでご覧戴けます。
www.hkd.mlit.go.jp/kyokutyou/h24/0307/04.pdf

ページトップ

最新記事

最新記事一覧へ