歴史資料

日本の高層ビルの歴史を探る

現在、日本一の高層ビルといえば2014年に誕生した大阪の「あべのハルカス」ですが、実は120年以上前の大阪にも日本一の高層建築物があったことはご存じでしょうか? 今回は、その"幻の高層建築物"を紹介するとともに、日本の高層ビルの歴史を振り返ってみましょう。

 




高層ビルは大阪が発祥だった!?
 


 
阪に存在した2大高層ビル

 1888(明治21)年、大阪府西成郡今宮村(現在の西成区の北東部)に"ミナミの5階"と呼ばれた「眺望閣(ちょうぼうかく)」が建設されました。高さ31mの頂上からは遠く淡路島まで見渡せたと伝えられ、当時としては破格の高さであり、まさに「日本一」の高層建築だったそうです。さらにその翌年に「眺望閣」と競うようにして北野村(同北区・茶屋町)に建てられたのが、高さ39mの通称"キタの9階"「凌雲閣(りょううんかく)」。当時の大阪は、高層建築の最先端を走っていたといえるでしょう。

層ビルの競争時代へ

 しかしその1年後、東京都浅草に同じ名称の「凌雲閣」が誕生。高さ50m、12階建てのこのビルは関東大震災で倒壊しましたが、以降、日本の高層建築は海外技術の導入やそれに自己開発を加えて改良・改善が行われ、技術的に飛躍的な向上を果たします。それとともに「日本一」の座は首都・東京や横浜などの関東勢が独占。およそ120年という長い時間を経た2014年、あべのハルカスが完成し、ようやく大阪が「日本一」の称号を取り戻したのです。

 
さ「日本一」のビルの変遷

ページトップ

最新記事

  • 絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    文・絵=善養寺ススム

    「伝統建築は釘を一切使わない」と、よく言われますが、平成25年に行われた伊勢神宮の「式年遷宮」には、なんと七万本近い釘が使われています。 ...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    文・絵=善養寺ススム

    前回は工具のお話でしたが、今回はその材料、鉄のお話でございます。来年は日本史好きの人には大事な年、幕末維新(大政奉還)一五〇周年です。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    文・絵=善養寺ススム

    今回は大工道具のお話でございます。イラストは文政年間(1818年~30年)に描かれた画帖の模写です。作らせたのは長崎・オランダ商館の館長を務めたヤン・ブロンホフです。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    文・絵=善養寺ススム

    私の住まいの近くに、江戸後期に建てられた名主屋敷の「長屋門」がございますが、いつの間にか「指定有形文化財」の看板が撤去されておりました。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    文・絵=善養寺ススム

    江戸や大坂は、日本の近代都市の象徴のような街です。その特徴は街の隅々に伸びる堀割りにあります。堀割りが重要だった理由のひとつは舟のためです。日本は馬車や牛車などの陸運が発達しなかった国ですが、その代わりを担ったのが水運です。...続きを読む

最新記事一覧へ