歴史資料

夢の超特急をつくれ 東海道新幹線

 

 東海道新幹線は東京オリンピックの開催を九日後に控えた昭和三十九(一九六四)年十月一日開業。昨年開業五十周年を迎えた。「夢の超特急」と呼ばれた世界初の高速鉄道は、開業当時、東京―新大阪間を最高時速二一〇キロメートルで走行し、鉄道輸送に革命を起こしたのだった。
 東海道新幹線の敷設は、県をまたぐ長距離工事であったため、特に橋梁・高架橋工事には徹底的な標準化が必要であった。さらに、当時はまだ珍しい機械化工法を積極的に取り入れるなど工期短縮を図り、約五〇〇キロメートルにも及ぶ線路敷設をオリンピック開催までのわずか五年で完成させたのであった。
 また、自動列車制御装置(ATC)や列車運行を総合指令所で集中管理する列車集中制御装置(CTC)といった技術の導入で、専用軌道の上を走行させて安全性を保つなど、日本の誇る知恵と技術を集結させたのであった。
 今年の三月一四日には、長野―金沢間を結ぶ北陸新幹線が開業し、東京―金沢間が一時間以上短縮される。将来的には大阪までつながる計画もあり、観光や経済効果など多くの可能性が広がっている。




写真:東海道新幹線開業「ひかり2号」が開通のテープ切り発車/新大阪駅

 

ページトップ

最新記事

  • 絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    文・絵=善養寺ススム

    「伝統建築は釘を一切使わない」と、よく言われますが、平成25年に行われた伊勢神宮の「式年遷宮」には、なんと七万本近い釘が使われています。 ...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    文・絵=善養寺ススム

    前回は工具のお話でしたが、今回はその材料、鉄のお話でございます。来年は日本史好きの人には大事な年、幕末維新(大政奉還)一五〇周年です。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    文・絵=善養寺ススム

    今回は大工道具のお話でございます。イラストは文政年間(1818年~30年)に描かれた画帖の模写です。作らせたのは長崎・オランダ商館の館長を務めたヤン・ブロンホフです。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    文・絵=善養寺ススム

    私の住まいの近くに、江戸後期に建てられた名主屋敷の「長屋門」がございますが、いつの間にか「指定有形文化財」の看板が撤去されておりました。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    文・絵=善養寺ススム

    江戸や大坂は、日本の近代都市の象徴のような街です。その特徴は街の隅々に伸びる堀割りにあります。堀割りが重要だった理由のひとつは舟のためです。日本は馬車や牛車などの陸運が発達しなかった国ですが、その代わりを担ったのが水運です。...続きを読む

最新記事一覧へ