歴史資料

安全への架け橋 西枇杷島町横断歩道橋

 

1409_onkotishin.jpg

 

 昭和三十四(一九五九)年、日本最古の歩道橋「西枇杷島町横断歩道橋」が誕生した。愛知県清須市を走る県道六十七号は交通量が非常に多く、小学校の通学路になっていた二見交差点では横断の際に事故が頻繁に発生していた。こうした状況下、児童が重症を負った事故を契機に、地下道や信号機設置などの案の中から学童専用陸橋の建設が決まったのである。
 日本で初めて歩道橋建設の工事を請け負ったのは、名古屋造船株式会社(現在の株式会社IHI)。工事に際しては、日本が誇る造船技術を活かしたそうだ。全長四十六・八メートル、幅二・五メートル、高さ五メートルの歩道橋は鉄筋コンクリート製の橋台部分に鋼鉄製の橋桁が乗った重厚な構造で、現在のような鉄骨製ではなかった。
 県道の拡幅工事に伴って、平成二十二(二〇一〇)年に惜しまれつつ取り壊されてしまったのだが、撤去の際は渡り納め式が実現し、在校生やOBらが別れを告げた。現在は新しい歩道橋に建て替えられ、登下校の児童たちの安全を守っている。




愛知県清須市に建設された日本初の歩道橋(1959年完成)

 

ページトップ

最新記事

  • 絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    文・絵=善養寺ススム

    「伝統建築は釘を一切使わない」と、よく言われますが、平成25年に行われた伊勢神宮の「式年遷宮」には、なんと七万本近い釘が使われています。 ...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    文・絵=善養寺ススム

    前回は工具のお話でしたが、今回はその材料、鉄のお話でございます。来年は日本史好きの人には大事な年、幕末維新(大政奉還)一五〇周年です。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    文・絵=善養寺ススム

    今回は大工道具のお話でございます。イラストは文政年間(1818年~30年)に描かれた画帖の模写です。作らせたのは長崎・オランダ商館の館長を務めたヤン・ブロンホフです。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    文・絵=善養寺ススム

    私の住まいの近くに、江戸後期に建てられた名主屋敷の「長屋門」がございますが、いつの間にか「指定有形文化財」の看板が撤去されておりました。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    文・絵=善養寺ススム

    江戸や大坂は、日本の近代都市の象徴のような街です。その特徴は街の隅々に伸びる堀割りにあります。堀割りが重要だった理由のひとつは舟のためです。日本は馬車や牛車などの陸運が発達しなかった国ですが、その代わりを担ったのが水運です。...続きを読む

最新記事一覧へ