歴史資料

建造物を後世に渡す|渡月橋

 

写真:戦前の渡月橋

写真:戦前の渡月橋

 京都嵐山を代表する渡月橋。その歴史は古く、奈良・平安時代からあるとされており、鎌倉時代に亀山天皇が、橋の上を月が渡っているさまを詠ったことがその名の由来とされる。
 昭和初期までは木造であった橋も、一九三四(昭和九)年に、コンクリート杭、鋼桁に改修されている。桁隠しや高欄は木造の様式を使い、景観に調和するような工夫が多く施されているのだ。
 二〇一三(平成二十五)年、台風十八号による豪雨被害を受けたのは記憶に新しい。渡月橋の周囲も冠水し、橋を飲み込むほどの濁流が押し寄せた。建造から八十年経過するが、橋の一部が流失したものの本体に支障はなかったという。渡月橋はこれまで多くの水災に耐えてきたが、鉄筋コンクリート製の橋脚は、十メートルという短い間隔で橋を支えており、これまでも鋼板を巻き付けるなど、強度を高める改修が行われてきた。また、橋の上流側の川底にはコンクリート製の太い杭「流木止め」が七本あり流木や岩をせき止め、橋への衝撃を和らげる。
 先人の知恵と技術に支えられてきた渡月橋。現在も修復が進められており、また美しい姿が見られるという。

 

正式名称/渡月橋
所在地/京都府京都市右京区 桂川
設計・施工/京都市土木局・横河橋梁製作所
構造/橋脚と橋桁:鉄筋コンクリート、欄干:木造
竣工/1934(昭和9)年

ページトップ

最新記事

  • 絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    文・絵=善養寺ススム

    「伝統建築は釘を一切使わない」と、よく言われますが、平成25年に行われた伊勢神宮の「式年遷宮」には、なんと七万本近い釘が使われています。 ...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    文・絵=善養寺ススム

    前回は工具のお話でしたが、今回はその材料、鉄のお話でございます。来年は日本史好きの人には大事な年、幕末維新(大政奉還)一五〇周年です。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    文・絵=善養寺ススム

    今回は大工道具のお話でございます。イラストは文政年間(1818年~30年)に描かれた画帖の模写です。作らせたのは長崎・オランダ商館の館長を務めたヤン・ブロンホフです。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    文・絵=善養寺ススム

    私の住まいの近くに、江戸後期に建てられた名主屋敷の「長屋門」がございますが、いつの間にか「指定有形文化財」の看板が撤去されておりました。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    文・絵=善養寺ススム

    江戸や大坂は、日本の近代都市の象徴のような街です。その特徴は街の隅々に伸びる堀割りにあります。堀割りが重要だった理由のひとつは舟のためです。日本は馬車や牛車などの陸運が発達しなかった国ですが、その代わりを担ったのが水運です。...続きを読む

最新記事一覧へ