歴史資料

人々の生活を守り続けた|石淵ダム

 

撮影:安河内孝氏

撮影:安河内孝氏

 東北地方最大の河川である北上川の流域では、古くから洪水と渇水の被害に悩まされてきた。内務省では「北上川上流改修計画」を策定。この状況を改善すべく「北上川五大ダム計画」がまとめられた。昭和十三年(一九三八年)のことである。
 この計画で「石淵ダム」は設計当初、重力式コンクリートダムとして計画されていた。しかし、終戦直後の日本では、セメントの生産量が戦時中の二割程にまで落ち込んだことで、セメント不足が続き、石淵ダムの計画変更となる。ロックフィルダムとして国内で初めて着手されることとなった。こうして七年の歳月をかけ、昭和二十八年(一九五三年)に岩手県奥州市の胆沢川に石淵ダムは建設された。その後、田瀬ダム、湯田ダム、四十四田ダムが、昭和五十六年(一九八一年)には御所ダムが竣工。、四十数年あまりに及ぶダム計画は完結し、人々の生活は大きく安定したのであった。
 平成二十五年(二〇十三年)、さらなる治水安全度の向上と、より安定した利水補給等を目的に、石淵ダムの二キロ下流に新たなロックフィルダム「胆沢ダム」が竣工した。これまで北上川流域の人々の生活を守り続けた石淵ダムは役目を終え、胆沢ダムの湛水後に水没する。

 

正式名称/石淵ダム (いしぶちだむ)
所在地/岩手県奥州市胆沢区若柳字尿前
形式/ロックフィル(岩石・土砂を積み上げ建設するダム)
着手・竣工/1945・1953
ダム事業者/東北地方建設局
施工会社/西松建設

ページトップ

最新記事

  • 絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    文・絵=善養寺ススム

    「伝統建築は釘を一切使わない」と、よく言われますが、平成25年に行われた伊勢神宮の「式年遷宮」には、なんと七万本近い釘が使われています。 ...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    文・絵=善養寺ススム

    前回は工具のお話でしたが、今回はその材料、鉄のお話でございます。来年は日本史好きの人には大事な年、幕末維新(大政奉還)一五〇周年です。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    文・絵=善養寺ススム

    今回は大工道具のお話でございます。イラストは文政年間(1818年~30年)に描かれた画帖の模写です。作らせたのは長崎・オランダ商館の館長を務めたヤン・ブロンホフです。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    文・絵=善養寺ススム

    私の住まいの近くに、江戸後期に建てられた名主屋敷の「長屋門」がございますが、いつの間にか「指定有形文化財」の看板が撤去されておりました。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    文・絵=善養寺ススム

    江戸や大坂は、日本の近代都市の象徴のような街です。その特徴は街の隅々に伸びる堀割りにあります。堀割りが重要だった理由のひとつは舟のためです。日本は馬車や牛車などの陸運が発達しなかった国ですが、その代わりを担ったのが水運です。...続きを読む

最新記事一覧へ