歴史資料

温故知新 新しい時代の建築へ|東京中央郵便局

東京中央郵便局

 昭和六年(一九三一年)、東京駅赤レンガ駅舎真正面に東京中央郵便局が竣工した。白いタイル張りのシンプルな外観と、充実した設備と規模を誇る大郵便局は、モダニズム建築の傑作と讃えられ、関東大震災後の復興建築のシンボルでもあった。昭和五十三年までは、東京駅との間を約二〇〇メートルの地下通路で結び、鉄道郵便物のトロッコ輸送が行われ、物流の効率化を図っていた。
 設計は逓信省(郵便や電信電話業務を管轄する官庁)の吉田鉄郎。西欧の影響を受けた装飾的な建築物が多かったこの時代に、柱と梁で構成された日本の伝統的建築に、最新の材料であるコンクリートを用いた構造は近代建築の先駆けであった。そして、建設から八十二年が経った今年三月、局舎の柱など一部を 保存・再生し、商業施設「KITTE(キッテ)」として生まれ変わった。
 コンセプトは「Feel JAPAN」。日本の過去と未来をつなぐ新スポットとして期待したい。

正式名称/東京中央郵便局
所在地/東京都千代田区丸の内二丁目7番
設計/吉田鉄郎(逓信省営繕課)
施工/銭高組、大倉土木(現・大成建設)
構造/鉄骨鉄筋コンクリート造
竣工/1931年(昭和6年)

 

ページトップ

最新記事

  • 絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    絵で見る江戸のくらし 19.伝統建築と和釘

    文・絵=善養寺ススム

    「伝統建築は釘を一切使わない」と、よく言われますが、平成25年に行われた伊勢神宮の「式年遷宮」には、なんと七万本近い釘が使われています。 ...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    絵で見る江戸のくらし 18.鋼と踏鞴製鉄

    文・絵=善養寺ススム

    前回は工具のお話でしたが、今回はその材料、鉄のお話でございます。来年は日本史好きの人には大事な年、幕末維新(大政奉還)一五〇周年です。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    絵で見る江戸のくらし 17.百八十年前の大工道具

    文・絵=善養寺ススム

    今回は大工道具のお話でございます。イラストは文政年間(1818年~30年)に描かれた画帖の模写です。作らせたのは長崎・オランダ商館の館長を務めたヤン・ブロンホフです。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    絵で見る江戸のくらし 16.文化財の活かしかた

    文・絵=善養寺ススム

    私の住まいの近くに、江戸後期に建てられた名主屋敷の「長屋門」がございますが、いつの間にか「指定有形文化財」の看板が撤去されておりました。...続きを読む

  • 絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    絵で見る江戸のくらし 15.江戸時代の都市の堀端

    文・絵=善養寺ススム

    江戸や大坂は、日本の近代都市の象徴のような街です。その特徴は街の隅々に伸びる堀割りにあります。堀割りが重要だった理由のひとつは舟のためです。日本は馬車や牛車などの陸運が発達しなかった国ですが、その代わりを担ったのが水運です。...続きを読む

最新記事一覧へ