建設産業News

NEWS

技能者確保に重点|第9次建設雇用改善計画

厚生労働省

 厚生労働省は、建設労働者雇用改善法に基づく2016~2020年度を計画期間とする「第9次建設雇用改善計画」を策定、告示した。「若者が展望をもって安心して活き活きと働ける魅力ある職場づくりの推進」をテーマに掲げる。施策の最重点事項として「若年者などの建設業への入職・定着促進による技能労働者の確保・育成」「魅力ある労働環境づくりに向けた基盤整備」「職業能力開発の促進、技能継承」の3項目を設定した。高齢化が進み、将来の担い手不足が懸念されることから、計画に盛り込んだ対策・施策を確実に実施する。
 労務関係諸経費の確保や適切な工期の設定などについて、公共工事だけでなく民間工事の発注者にも求めている。また、若年者の入職・定着に向けた望ましいキャリアパスの提示、土日連続全休制による現場閉所と4週8休制の導入なども盛り込んだ。
 また、9次計画の策定を受け、日本建設業連合会や全国建設業協会、建設産業専門団体連合会など建設関係104団体に対して、会員企業への計画の周知と今後の建設労働対策推進への協力を要請するとともに、都道府県労働局に建設企業や業界団体、関係行政機関と連携して対策を実施するよう通知した。さらに都道府県にも、労働局などと密接に連携して対策に取り組むことを求めた。

ページトップ

最新記事

  • 「事後公表」から「事前公表」へ相当数の逆行事例

    「事後公表」から「事前公表」へ相当数の逆行事例

    国土交通省

    2015年4月に公共工事品質確保促進法(品確法)に基づく、発注関係事務の共通ルール「運用指針」の運用開始以降、「原則として事後公表とすべき」とされている予定価格を事後公表から事前公表に切り替える事例が相当数存在する。...続きを読む

  • 中小・中堅の生産性向上を支援

    中小・中堅の生産性向上を支援

    国土交通省

    国土交通省は、地域を支える中小・中堅の建設企業を対象に、専門家によるアドバイスや課題解決への活動経費の助成など包括的支援を行う。産業再生のキーワードとなっている「生産性の向上」に絞って...続きを読む

  • 地域維持型契約方式22道府県で導入

    地域維持型契約方式22道府県で導入

    国土交通省

    国土交通省は、2016年度の地域維持型契約方式の導入状況をまとめた。それによると47都道府県のうち22道府県で導入している。その中で、業務内容別で多いのは、462件(契約金額166億9600万円)の...続きを読む

  • 公立学校木造施設17%/内装木質化、国産は6割

    公立学校木造施設17%/内装木質化、国産は6割

    文部科学省

    文部科学省は、公立学校施設における木材利用状況の調査結果をまとめた。2015年度に新たに建築した校舎や屋内運動場など...続きを読む

  • 推奨事例の見える化/生産性向上モデルを提示

    推奨事例の見える化/生産性向上モデルを提示

    国土交通省

    国土交通省は、地域建設業の経営環境の改善や生産性の向上を目的に好事例であるベストプラクティスの「見える化」に取り組む。...続きを読む

最新記事一覧へ